自分の中にある力を考えさせられた「薬剤師は薬を飲まない」

ジャケ買いではありませんが、ついついタイトルで食いついてアマゾンで買ってしまう方なのですが、この本はとても為になりました。元来人間に備わっている自然治癒力の大切さを説明してくれていて、薬に頼りすぎないように、と注意を喚起してくれます。病気になったり体調を崩した時にすぐに薬に頼るのではなく、まず自分の中にある自然治癒力を引き出せるようにするのが大事なことだと説いてくれています。読後には薬に対する認識もずいぶん変わります。いささか乖離した関連付けかもしれませんが、この本を読んでみて自習室を運営する立場として、自分の中にある力が大事という意味で、改めて勉強においても自ら学ぶ「自習」は大事なことなのだと思いました。