通勤通学時間で千葉は全国平均二位とか。。。

千葉県は都道府県別での通勤通学時間は神奈川県に次いで二位だそうです。千葉からは片道47分くらいで目的の職場や学校へ行く人が多いのだということです。これが具体的には内房線の八幡宿から東京駅までの時間に相当するのだとか。。。管理人も以前京葉線で通勤快速で都心まで通っていましたけど、ドアツードアでなんだかんだ言って2時間近くかかってしまいました。朝はまだしも、これが残業で終電間際になると、もう電車の乗り換え時間はかかるし、快速はないしで、同じ45分程度の通勤でも田園都市線とか小田急線のほうが体感的にも実質的にも内房線よりは恵まれているなあ、と思ったものです。ダイヤのトラブルがあるたびに自習室へ通う方々の心中を察することしばしばです。それにしても数値で通勤通学時間を表すことって、果たしてどういう意味があるのでしょう?