デヴィッドボウイとかグレンフライとか

ここ数日で立て続けに若い頃に聴いていたアーティストが亡くなりました。デヴィッドボウイは格好良くて、YOSHIKIみたいなビジュアルに秀でた人の先駆けだった人だと思います。グレンフライはイーグルスのメンバー。ホテルカリフォルニアのインパクトあるレコードジャケットはまだ覚えています。70年代から80年代。街や喫茶店に音楽が流れていて、何が今流行っているのかは空気でわかった時代でした。今はデジタル音源をダウンロードして一人ひとりがi-Phoneなどでそれぞれ好きな音楽を聴くようになって、何が流行の音楽なのかはわかりにくい時代です。そんな今、あの頃好きだったアーティストの訃報を聞くことで、当時の時代の空気を思い起こすのは、ちょっとセンチメンタルなものです。