どのような使い方の方が多い?

自習室には様々な年代の方々が来られます。

<現役高校生>

高3の方の場合はほとんど大学受験勉強をメインに来られます。また高1、高2の方は学校内の中間テストや学期末テスト前に集中して利用されています。夕方から、もしくは週末に利用される方が多いです。特に秋頃からは高校生の方々の利用が増えて来ます。

<浪人生>

平日の日中から利用される方が中心です。予備校に通わずに、自分で勉強する「宅浪」の方々にとっては自習室のような環境は最適です。大学受験以外にも資格試験勉強の浪人生の方も使われています。

<働きながら資格試験対策の方>

公認会計士、税理士、司法書士、宅建主任などの国家試験の勉強に勤しむ方も多く利用されています。平日はお勤め帰りの夕方から、週末は長時間利用されている方が多いです。

<大学生・大学院生>

就活リサーチやレポート執筆などで多くの方が利用されています。

<会社やお仕事の中での試験勉強>

技術者の方々や販売関係の業界の方が社内の試験の勉強のために利用されるケースもあります。お勤めの時間外を使って短期間に集中的に勉強する方が多いようです。

<コワーキングスペースとして>

プログラマーやエンジニア、WEBデザイナーの方などフリーランスで働く方々も多く利用されています。安定したWiFi環境ですのでデータの転送などはストレスなく使えます。

<図書館・カフェではなかなか、、、という方>

自習するスペースとして図書館は多くの方が利用されていますが、本来的にはそこは図書館の本を用いて勉強する建前であり、利用時間も限られており、だいたい夕方で終わります。ですので、図書館は自習室という利用目的にすべてが合致しているスペースではないですし、やはり公的な場所であるというお約束ごとを前提に利用しなければなりません。またカフェも勉強するスペースとして比較的多くの方が使われていますが、座席の稼働率を上げ、お客様の出入りを多くしたいカフェでの勉強はせいぜい1時間程度ではないかと思います。やや手前みそですがやはり自習室が一番集中して能力を発揮しやすいスペースだと思います。